運営者情報

温泉ソムリエ渡部郁子

当サイトについて

当サイトは、お湯アナ:渡部郁子が運営しています。

お湯アナ

エフエムラジオ局のアナウンサー経験を経て、現在は主にラジオパーソナリティとして、温泉の啓発活動をしています。温泉ソムリエの資格を2009年に取得、関東甲信越を中心に日帰り温泉の独自取材を続け、現在は世界の日帰り温泉をテーマに取材を進めています。温泉好きのアナウンサー「お湯アナ」として活動しています。

マタニティ温泉研究家

自身の妊娠、出産期の温泉利用経験を経て、妊婦向け、子ども向けの温泉利用について、事例の研究を続けています。

特に、妊婦の温泉利用は2014年の法改正まで、温泉法の中で禁忌とされてきました。現在は、妊婦の温泉利用を禁忌とする医学的根拠はないとして、温泉法の禁忌からは外れましたが、日本で長く妊娠出産に携わってきた助産師の現場での経験則に基づく指針によれば、妊娠期や産後の入浴は控えたほうがよいとする指導は依然として残っていますし、海外の研究の中には、妊娠、出産期の入浴について少し気になる調査結果もあると言えます。

いずれにせよ、妊娠出産期の「入浴」については注意すべき項目があるのではないかと想定するものの、「温泉」そのものが妊娠出産期に作用する可能性は低いと考えて間違いないでしょう。ただし、温泉は、日常的に自宅で利用しているときと様々な状況が異なりますから、そのあたりも踏まえて今後ますます様々な研究が進んでいくことを期待しています。

著書「東京温泉案内」ほか

「東京は温泉天国」をテーマに、東京の日帰り温泉施設を調査しまとめた著書「東京温泉案内」を2012年に発表。「妊婦や子ども、三世代が安心・安全に楽しめる温泉」をテーマに温泉旅館を取材しまとめた「子どもといっしょに行ける家族温泉」を2014年に発表しました。

寄稿その他

温泉ソムリエ講座で使用する「温泉ソムリエ読本」に「マタニティ&ベビーの温泉入浴について」を寄稿しています。

また、子どもと温泉を楽しむ際のポイントや施設の選びかた、妊娠中の温泉利用に関する注意点、東京、関東、全国または世界の日帰り温泉に関するランキングなどの調査や寄稿に対応しています。詳しくはお問い合わせください。